ブログ

現地調査

昨日、ミラクールの塗装を検討していただけるのことで、お客様の屋根に上ってきました。
屋根の素材はガルバリウム鋼板でした。

海の近くで築10年ほどということでしたが、ガルバリウム鋼板は強いですね。多少の汚れはありますが、基本的に綺麗な屋根でした。

しかしお客様は暑くて大変お困りとのこと。
屋根に目立つ傷みは無いので、塗り替えの緊急性は無いですが、傷みが顕在化してくると進行が早くなることをご説明し、「職場環境改善」と「屋根メンテナンス」のどちらの優先順位が高いのかをお尋ねしました。
すると屋根の真下の3Fは、夏場の室温が45℃以上になっているとのこと!!

築10年ほどなので、2年を目安に考えれば十分と思いましたので、それを伝えると納得していただけました。
あとは「職場環境改善」を優先させてメンテナンスを前倒しにするという考えをされるかどうかはお客様次第です。

ミラクールは暑さ対策が出来る塗料ですが、塗装するということは屋根のメンテナンスにも役立ちます。
「暑くてどうしようもない」というお客様、「築15年以上で錆が出てきた」というお客様、どちらからもアプローチすることが出来ます。
「暑くてどうしようもなくて、屋根も傷んできている」というお客様はベストタイミングだと思います。

直ぐにでも塗っていただきたいのは山々ですが、当社は状況をありのまま伝え、お客様のお望みに合うようにご提案をしております!

カテゴリー: ブログ, 日記 タグ:

新着記事

看板にもご注目👀<遮熱性舗装>
株式会社NIPPOとMIRAI-LABO株式会社と太陽光発電舗装を共同開発中
測定機器・分光高度計のご紹介
第2回フードテックジャパン本日最終日です。
促進耐候性試験機のご紹介
【再放送お知らせ】2021年2月1日放送分「クイズ!脳ベルSHOW」