日記

あれから3年

東北の震災か3年が経ちました。
昨日の午後ふと時計を見て、ああもうすぐ揺れる、
とあの日を振り返りました。
あの日の帰途、立ち寄った高層ビルで
何時間もかけて階段を下りていた足に障害のある男性。
声をかけたら、大丈夫ですよ~と明るく答えてくれましたが、
たとえ下りきったところであれから彼はどうしたんだろう。
あの時、他に何かできることはなかったんだろうか。
報道を見るにつけ、まだまだ渦中なのだと感じます。
まだまだ寒さの続く3月ですが、植物は力強く成長しています。
人間もかくありたいものです。
2014-0312-01.jpg

カテゴリー: 日記

関連記事

      関連する記事はありません

新着記事

夢について話したい(その4)
「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」
電気マフラー
変わらないもの
顔料のおはなし(その1:分散)
夢について話したい(その3)