日記

銭湯

早目に家を出て、水天宮前駅から人形町を経由してぶらぶらと歩いて出社。今朝は爽やかで人もまばらな小径に吹く風が心地よい。
人形町にてレトロな銭湯(世界湯)の横を通過。
此処には飲んだ後に一度入ったことがあるが、昔ながらの番台があり、昭和に戻った感あり。特筆すべきは湯温の高さで、確か45℃近くもあり、身体が赤くなったことを思い出す。またいつか入りたいものだ。
4FBC385E-0FCF-4636-9DC9-F4F4CD662B2C.jpg
NF
カテゴリー: 日記

関連記事

      関連する記事はありません

新着記事

夢について話したい(その4)
「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」
電気マフラー
変わらないもの
顔料のおはなし(その1:分散)
夢について話したい(その3)